京都千年天文街道

天文と歴史のツアー開催中

 主催: 認定NPO法人花山星空ネットワーク
 共催: 京都大学大学院理学研究科附属天文台
 後援: 京都府教育委員会 、 京都大学総合博物館、
京都市教育委員会
 協力: 京都情報大学院大学、株式会社ビューティフルツアー

ブログ

清水寺除夜の鐘

今年は清水寺で除夜の鐘を衝いてきました。意外と簡単だったので報告します。

一番の難関は整理券のゲットでしょう。1週間前の25日の9時から配布となります。これがないと、当日手に入れるのは無理。地元の方でないと、敷居が高いですね。私は20分ほど前に到着。あまり並んでいなくて、ちょっと早めに手続きが始まっていて、一人づつ住所と名前を書きます。この方法では一人一枚しかもらえません。無事整理券をゲット。

その後、ほとんど人のいない清水さんの舞台に入場しました。とても晴れていて気持ちのいい朝で、景色もすばらしい。そして「天文台らくらくコース」で行く清閑寺に逆ルートでちょっとだけ足をのばして拝観してきました。皆さんもツアーに参加して、この隠れルートを是非歩いてみてください。

大晦日にはタクシーで茶碗坂ルートで行きました。思ったより人はいなくて、簡単に鐘に到達、11時15分位でした。列に並んでいると、40分位から住職の方が来て、お経をあげたあと45分位から鐘を衝き始めました。二人で一回つきます。10回目位で周りで新年のカウントダウンが始まり、歓声があがりました。新年が明けて、しばらくして我々の順番。一人のお坊さんが横について助けてくれます。別の住職さんにカメラを渡すと写真も撮ってくれました。思い切り衝いて、完了!

帰りはさすがに混んでいて、階段を下りるときは人でごちゃごちゃ。それでも階段を下り終わると混雑もなし。茶碗坂を下りてくると、平日の昼よりも人はまばらで、ちょっとびっくり。清水坂から終夜バスに乗り、帰ってきました。

清水寺での除夜の鐘など今まで思いもよりませんでしたが、トライしたら、あまりにも順調に行ったので、驚きました。これも京都に住んでいるご褒美と思います。その京都を今年も皆さんに紹介していきます。今年もいいことがたくさんありそうですね。

名古屋市科学館でプラネタリウム観賞

 名古屋市科学館にてプラネタリウムを見てきました。世界最大というドームに映し出された夜空に溶け込むようにほっこりしてきました。このプラネタリウムの特徴は何と言っても、椅子が後ろだけでなく、隣の椅子と余裕をもって離れて設置されているので、左右にも振ることができるのです。好きな星座を追いかけるのがとても楽です。ちょっと贅沢な造りです。

 私はプラネタリウムが大好きで、旅行で全国に行ったときも、時間があれば先ずプラネタリウムを探して行くようにしています。昔、昔、渋谷の五島プラネタリウムに中学時代は毎月通っていました。友達が招待券を持っていたのが大きな理由ですが、そのころからの思いが今も続いています。

 プラネタリウムは全国で新しく作られてきていて、最新の技術が使われています。新型はプロジェクター形式が多いように思いますが、名古屋は昔ながらの投影機。渋谷はトイレットペーパーの芯の両側に団子を載せたような形でしたが、名古屋はその流れを汲んで、トイレットペーパーの芯の部分がほとんど無くなったような形をしています(説明は難しいので、是非ご自分で確認を)。なんとなく懐かしくて愛着がわく形です。

 科学館の展示物は夏休みだったせいもあり、子供達が占拠してほとんど触れず。整理券もほとんどゲットできず。そのわけですが、なんと、ここはプラネタリウムを含めて中学生までは全部無料なのです。行かれる方は良い子が勉強中がおすすめです。

 そうそう、最後になりますが、4Dシアターは立体で見えるプラネタリウムです。リクライニングも無い椅子で居心地は少し悪いですが、迫力はすごいです。何度見ても飽きません。アストロトークへ是非おいでください。

記念切手”星の物語”シリーズ第3集

今日も偶然ですが、京都駅前の中央郵便局を通りました。すると、なんと去年の9月に買った記念切手”星の物語”の次のシリーズ第3集を販売していました。販売日はなんと今年の1月22日。半年くらい前から販売開始していました。去年このブログで紹介したシリーズ第2週が9月発売ですからそろそろかな、と思っていたのですが、こんなに短い間に発行されたのは驚き。皆さんも売切れなら中央郵便局に行ってください。

きっと第2集が評判良かったのではないか、と想像します。それが証拠に第3集と一緒に売り切れになっていたはずの第2集も一緒に売っていたのです。私は早速第3集を買いました。家に帰って確認すると、第2集がまだ5枚残っていました。8か月で5枚使っただけでした。

綺麗な星座が3種類デザインされているので、眺めるだけでも星空を観賞した気分になれます。これで3集まで出て、合計9種類になったので、最後の3種類がもうすぐ出るのではないかと期待しています。第1集が七夕、第2集が中秋の名月にかけていると思うけど、それなら今回の1月発行は何にかけているのかな。考えてみて、思いついたらこの場で発表いたします。乞うご期待!

蹴上浄水場つつじ公開

 年に一度の開放が4日から始まったので、満開のつつじを見学に蹴上浄水場に本日行ってきました。始めての見学でしたが、GWはどこに出かけても人が一杯なので、地元京都の公開や天文街道のツアーに参加するに限りますね。

 さて、午後から雨の予報でしたので、午前中に行きましたが、早くも小雨まじり。しかしその分、人も少なめ。勇んでいきましたが、つつじはほとんどおしまい。8分は花が散るか枯れるか褪せていました。2分だけがまだ観賞にたる色を残していましたが、ちょっと、がっかりポン! 聞くところによると、昨年は公開が早過ぎたということで、自然相手にぴったりというのは難しいですね。スタッフの人に「つつじがないですね」と言うと「すいません」と謝ってくれましたが、その方のせいでもなく、こちらが申し訳なくなりました。

 でも蹴上浄水場は中に入るチャンスがほとんどありません。内部はかなり広く、ちょっとした山登りになります。工事中の貯水池を見れたり、与謝野晶子の歌碑もあります。そして天辺からの眺めはかなりの価値があります。ちょうど金戒光明寺からの眺めが絶景と同様の理由で、京都盆地が見渡せます。まだ行った事の無い方は、近くの疎水関連の見学と合わせて、来年は参加されたら言いと思います。

3月20日の花山天文台の桜開花状況

3月20日現在の花山天文台の桜の開花状況です。早咲きの一部の桜は上側の写真のように満開ですが、ほとんどの桜は下側の写真のようにつぼみが膨らみつつある状況です。

DSC_1907

DSC_1908

城南宮のしだれ梅観賞

 今日、城南宮のしだれ梅を見学してきました。昨日のTVでやっていたのですが、朝起きてから突然気が向いて、あわただしく出かけました。我々の天文ツアーには組みこまれていない場所ですが、これが見事なので、紹介したいと思い、早速のせています。

 9時開場ですが、入ってすぐの庭に、白梅、紅梅が見事に咲き誇っています。まさしく満開。地面にも紅白の花びらが綺麗に敷き詰められていました。150本の梅とのことですが、狭い所に固まっているので、見栄えがします。そして梅の庭の最後には椿も登場。不思議なことに地面に落ちた椿のほとんどは、花弁を私たちの方に大きく広げて向けているのです。この梅と椿のコントラストも見事に決まっています。でも花の見事さを文字に表すことはできないので、一度行ってみてください。

 後半の庭は良く手入れの行き届いた広々した日本庭園。ゆったりと流れる小川がある風情のある庭園です。帰ってきてから調べたら「曲水の宴」を今でも行っている場所だそうです。お酒を入れた盃が目の前に来るまでに和歌を作るという公家の遊びのことです。まさしく雅の世界を感じられます。

 私は出るときに再入場券をもらい、もう一周してきて、しだれ梅をまぶたに再度焼き付けてきました。 なお、入場料600円でした。

花山天文台に雪が積もっています

今年度初めて、花山天文台に雪が積もりました。約5-10cmの積雪で今も雪が降り続いています。朝は東山ドライブウェイは一部凍っていましたので、スノータイヤとはいえ、どきどきしながらの運転でした。三条通の蹴上-九条山間は、ノーマルタイヤの車が走行に難儀したせいか、なかり渋滞。写真は、現在の花山天文台の様子です。unspecified

京都大学花山天文台の紅葉が見頃となってきました

京都大学花山天文台の紅葉がだんだん見頃となってきました。これは、11月20日現在の本館前の様子です。まだ緑の葉が残っていますが、だんだんと色づきつつあります。おそらく11月29日「京大花山天文台ハイキングコース」では、紅葉を楽しんで頂けると思います。まだ空きがありますので、ぜひこの機会にこちらからお申し込み下さい。今回は、私(青木)が天文博士としてご案内します。

花山本館前11月20日

京都賞雑感

京都賞の記念講演とワークショップに参加してきました。京都賞では3年に一回、天文学が選考対象となり、今年がその年でした。ノーベル賞では天文学は対象分野ではないので、天文学にとっては世界的にも貴重な賞だと思います。更に今年は天文博士をお願いしている小山・柴田両先生が選考委員に選ばれているのです。これだけでもこのツアーの格調の高さが理解できるというものです。

内容ですが、記念講演は同時通訳もつきますし、生い立ちなどの紹介が入った一般の人向けなので、ついていけます。しかしワークショップは専門家向けで、日本人の講演も含めて全て英語だけ。ちょっとだけ私の理解を超えていたので、途中で失礼しました。

京都賞では3人の方が毎年受賞されますが、記念講演はほかの分野の方の話も聞けて、大変参考になります。3年前には坂東玉三郎さんが受賞し、講演を聞くことができました。やっぱり極めた人の話はおもしろいですよね。

開催会場は国立京都国際会館です。あの環境問題で有名な京都議定書を議論した会場です。もしまだ行ったことが無い方は、会場見学が目的でもいいので行ってみてください。そして晴れていたら庭に出てみてください。山や池が綺麗に配置されてて素敵なんです。春は桜、秋は紅葉も存分に楽しめます。

記念講演開催は毎年11月11日です。そして無料で参加できます。また今度ツアーに参加したら、選考の苦労話でも両先生に聞いてみたら、さらに興味をそそられるかも。

秋の特別拝観で伊藤若冲を拝見

 今日は秋の特別拝観で、真行寺に行ってきました。お目当ては伊藤若冲の天井画でした。この時期しか見ることができません。8X21の枠に天井が区切られて、1枠を除く167枠に若冲が一つづつ丁寧に花を描いたものです。全てを細かく見ていくと首が痛くなってしまうので、流すように見ながら、目を奪われるものをじっと見ていきます。星を見ているのと同じ感覚です。流れ星を探すかすばるの星の数を数えるように、一生懸命目を凝らしてみてきました。

 ただ残念なのは、販売している絵葉書は綺麗なのですが、本物は色が褪せてしまって、鮮やかさはあまりありません。ちょうど先月フランスとイタリアの中世の宗教画をたくさん見てきたのですが、色があせてしまって暗いイメージばかり残ったことを思い出しました。おそらく若冲が描いた当初は、その鮮やかさにみんな目を奪われたのでしょうね。でもそんな中で白だけは今もくっきり綺麗に残っているのが不思議でした。絵の具の質によって残り方が違うからなんでしょうね。一体何を使っているのかな。

 秋と春の特別拝観は通常は見られないものが見られるチャンスです。今までそれほど多くはありませんが、冷泉家や金戒光明寺なども見ました。今日もこれ以外に同志社の新島襄の邸宅も見てきました。ガイドで紹介するものはやっぱり自分で見ておきたいので。

 なお、伊藤若冲のお墓は相国寺にあります。場所はちょっと分かりにくいので、行きたい方は「信長と転変」のツアーに参加してみてください。藤原定家のお墓と並んでいるので、ちょっと驚くかも知れません。