京都千年天文街道

天文と歴史のツアー開催中

 主催: 認定NPO法人花山星空ネットワーク
 共催: 京都大学大学院理学研究科附属天文台
 後援: 京都府教育委員会 、 京都大学総合博物館、
京都市教育委員会
 協力: 京都情報大学院大学、株式会社ビューティフルツアー

京大花山天文台へブライアン・メイさんが見学に来られました

京大花山天文台へブライアン・メイさんが見学に来られました

天文博士の青木です。1月27日(月)の夕方にクィーンのギタリストであるブライアン・メイさんが京大花山天文台を電撃訪問されました。ブライアン・メイさんは、黄道光の観測的研究で博士の学位を取得しておられ、大変興味深く見学されていました。特に花山天文台の窮状について気にかけて下さり、 若い世代や子どものために花山天文台を残して宇宙への興味を持つための施設として存続すべきとの、心強い応援のお言葉を頂きました。その際に、本館45cm望遠鏡の支柱にサインを頂いています。4月から京大花山天文台ハイキングコースやらくらくコースを再開予定で準備中です。ツアーではサインを見て頂ける予定ですので、ぜひツアーへご参加下さい。花山天文台のウェブサイトで公開している記事がありますのでご覧下さい。なお、ブライアン・メイさんが花山天文台へお越しになった際のメディア報道(NHKニュース朝日新聞毎日新聞京都新聞)もあわせて覧下さい。ツアー関係者で言いますと、ブライアン・メイさんの隣に柴田教授がいるほか、反対側能登なりにガイドの梅本さんがいます。また、私(青木)もNHKニュースと毎日新聞の映像で少し映っています。ツアーへご参加頂くとともに、京都千年天文学街道の活動の拠点である花山天文台へのご支援もぜひお願い致します。

« »