京都千年天文学街道

天文と歴史のツアー開催中

 主催: 認定NPO法人花山星空ネットワーク
 共催: 京都大学大学院理学研究科附属天文台
 後援: 京都府教育委員会 、 京都大学総合博物館、
京都市教育委員会
 協力: 京都情報大学院大学、株式会社ビューティフルツアー

平安京コース

平安京コース

大極殿跡20131217HS

大極殿跡

~空海がもたらした曜日の制度と、安倍晴明の勤務地・陰陽寮跡など平安宮(内裏周辺)の路地裏散策~

・京都は794年桓武天皇が平安京を開いてより明治維新に至るまで約1100年間、日本の都が置かれた地です。

・この散策ツアーでは、平安京で天皇が住まれた内裏や官公庁の有った場所(大内裏)の区域を歩きます。

・平安時代の陰陽師である安倍晴明が勤めた陰陽寮跡地に立って、実は天文博士であった安倍晴明の真相に迫ります。

・行程の最後は京都アスニーで、復元された平安京の模型を見ながら、現在の京都の街との違いを確認しましょう。

 

過去のツアー報告はこちら。

 

 

 スケジュール 

2017年4月

コース状況日時申込締切天文博士ガイド

平安京

催行決定

   終了

4月15日(土)
13:00-16:00
12:45 受付開始

4月12日(水)天文博士:作花一志
京都情報大学院大学教授
ガイド:辻井輝幸
NPO法人花山星空ネットワーク会員
 



 申し込み
申し込みはこちらから。

 

 定員:20名
尚、10名以上の団体は、日程及び人数につきまして、ご相談に応じます。事前にお問い合わせ下さい。

 

 
コース概要
・スタート地点は地下鉄二条城駅。先ずは直ぐ西にある神泉苑で空海にまつわる歴史と天文の話をご紹介。
・二条城の西を北に進み、平安時代の陰陽師の安倍晴明が勤めた陰陽寮跡に向います。ここで安倍晴明の真の姿をご紹介。
・次に向うのは、聚楽第跡。戦国時代には、平安京の大内裏の有った地は荒地となっており、天下人となった豊臣秀吉はここに壮大な聚楽第を築きます。今は殆ど何も残ってない場所ですが戦国時代に思いを馳せてみましょう。
・大極殿跡を見て、最後は京都アスニーで、復元された平安京の模型を見学します。

 

 集合場所

 平安京コース集合場所:
  地下鉄東西線「二条城前駅」改札口

  地下鉄「二条駅」、JR「二条駅」ではありません。お間違えのない様に、お願いします。

  地図はこちら



 ツアー参加費

一般(中学生以上)2,000円 (資料代, まちあるき保険料含)
小学生1,000円  ※必ず保護者同伴のこと

 

 

 注意事項

・参加費用は当日ご持参ください。
・雨天決行ですがツアー開始3時間前に京都市に警報が出た場合はツアーを中止致します。
・歩きやすい服装でご参加ください。

 
 歩行距離: 3.5km

 

 当日のルート

地下鉄二条城駅→神泉苑→陰陽寮跡(安倍晴明勤務地)→松林寺(聚楽第濠の跡)→平安京大極殿跡→京都アスニー(平安京模型見学)解散

※実際のルートは多少変わることがあります

平安京コース

« »